すきっ歯・前歯の隙間

最新の審美歯科(新技術)では数年前に比べ格段に進歩しています。すきっ歯を治療するのもその一つ。簡単に出来る治療では、歯を削ることなく隙間を埋めることも可能です。

すきっ歯・前歯の隙間治療前 すきっ歯・前歯の隙間治療後

治療前

治療後

なぜすきっ歯、すきっぱになるのでしょうか

すきっ歯(すきっぱ)の原因には、「顎と、歯の大きさが合っていない」、「歯が小さい」、「歯の本数が足りない」、「余分な歯が埋まっている」などがあります。

歯と顎のバランス

顎が大きく成長した場合や、顎と比較して歯が小さい場合に隙間が出来ることがあります。前歯に出来ると「すきっ歯」といわれますが、奥歯に出来ることや全体に隙間が開くこともあります。

歯の本数が足りない

成人では通常28本(上14本、下14本)生えますが、先天的(遺伝的)に本数が少ないことがあります。異常ではありませんが歯の本数が少ないと隙間(すきっ歯)となって現れます。

余分な歯が埋まっている

前歯の根元付近に何らかの原因で「歯が埋まっている」場合、隙間が閉じないことがあります。

ご希望に沿った治療をみつけましょう

根本的に治したい  歯列矯正をしましょう。
部分矯正であれば費用も抑えられるでしょう。
短期で綺麗にしたい 差し歯などのセラミック治療がお勧め。
短期間で歯並びも整い美しく仕上がります。
今すぐ治したい ボンディングやラミネート治療がお勧め。
早く仕上げたい人。エステ感覚の治療。

治療方法の一覧

歯列矯正 部分矯正です。矯正装置を使いながら歯を移動させ隙間を審美的に回復。数ヶ月掛かりますが、根本的に治したい人は歯列矯正にしましょう。マウスピース矯正で歯並びの改善が簡単にできます。
ラミネートオーダー 2ミリを超える目立つ隙間がある場合。
ラボで隙間を製作し、すきっ歯を埋める方法です。
治療回数は通常2回。素材はハイブリッドセラミックです。
ラミネートベニア 歯並びの改善から、目立つ隙間まで対応します。歯の神経を取ることなく、審美回復できます。
2日の来院で美しく仕上がります。ポーセレンセラミック使用。
ダイレクトボンディング 2ミリ程度の小さい隙間を埋める方法。素材は樹脂(超微粒子ハイブリッド)。セラミックに比べ耐久性に劣りますが、取り替えられる治療です。即日治療なのでエステ感覚の人が増えています。

マウスピース矯正によるすきっ歯の治療

マウスピース矯正

最新の矯正治療「マウスピース矯正」は「簡単に・痛くなく・目立たず」矯正することが可能となりました。
マウスピースを使用するだけで、金具やワイヤーがないので口の中に傷がつかず、痛みもなくお勧めです。

マウスピース矯正についてもっと詳しく

当クリニックは、金具を使用しないマウスピース矯正、クリアライナーの実施医療機関です。
スマイルラインを美しくする治療方法をご用意しております。

お聞きになりたい質問事項や、現在の状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。

▲ページのトップへ

審美歯科とは
治療に関するお問合せ
(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。